2019年10月7日 更新

大人女子もチャレンジしやすい!上品なネオンカラーネイル

かなり印象的な色味のネオンカラー。この色を使うとどうしても派手なネイルになってしまいがちなのですが、デザイン次第では、大人女子がチャレンジしやすい上品な仕上がりにすることも可能です。この記事では、ネオンカラーを使ってアートする上品なネイルデザインをご紹介します。

ネオンカラーのスキニーフレンチネイルで上品に

Riches (リッチーズ)

Riches (リッチーズ)

素敵な色味ではあるものの、爪全体に使うとかなり個性的で派手な印象を与えてしまうことがあるネオンカラー。この色を使って作る上品ネイルとしてまずおすすめしたいのが、スキニーフレンチデザインです。

一般的なフレンチネイルにネオンカラーを取り入れるとやや派手な感じになってしまいますが、爪先のわずかな部分だけにネオンカラーを使うスキニーフレンチデザインならば、上品でハイセンスなネイルを楽しめます。

クリアベースにネオンカラーのスキニーフレンチアートを重ねてもいいですし、自爪の色が気になる場合は、ライトピンクやベージュでベースをカラーリングしてからアートしてもいいでしょう。
Re Pool (東京・世田谷)

Re Pool (東京・世田谷)

上品ネイルにネオンカラースタッズをプラスして

JunoQuartz×mission

JunoQuartz×mission

ネオンカラーは、上品ネイルにこの色のスタッズをプラスする形で取り入れるのも素敵です。

例えば、クリアベースもしくはクリアカラーベースのシンプルネイルに、ネオンカラースタッズのラインアートをプラスするデザインはいかがでしょうか。これからの季節は、グレーやベージュ、ブラウンといったカラーのシンプルネイルに、ネオンカラースタッズのポイントアートをプラスするデザインも素敵です。アーモンド形のスタッズやスター型、スクエア型のスタッズを使い、さりげない個性を主張してみるのもいいですよね♪

より上品に仕上げたい場合は、1~2ミリ程度の小さなサイズのネオンカラースタッズを使ってアートするといいでしょう。
JunoQuartz×mission

JunoQuartz×mission

ネオンカラーの囲みネイルで上品&カジュアルに

JULIET (愛知・名古屋)

JULIET (愛知・名古屋)

ネオンカラーは、囲みネイルデザインに取り入れてみるのもおすすめです。

ベースジェルを塗っただけのシンプルネイルの周りをネオンカラーの細ラインで囲んだり、2~3色のネオンカラーを組み合わせてアートしたり。単に爪の周りを囲むだけでなく、小花柄やピンドット柄、小さなトライアングル柄を爪の周りにアートするデザインも素敵ですよ!

ネオンカラーの囲みネイルの中心にフラワーアートをプラスしたり、マット仕上げにしたり、上品カラーのチークネイルにネオンカラーの囲みネイルを合わせたり、といったデザインも楽しんでみてくださいね。



Itnail編集部

元のページを表示 ≫

関連する記事

1 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

管理者 管理者

この記事へのコメント

コメントはまだありません

コメントを書く